葬式の流れをつかんでおく

身内でお葬式を出した場合は、相当な苦労があります。限られた時間で多くのことを決めなければならないので、その時になって慌てないように少しでも知識として知っておくべきことがあります。
まず大切な人が亡くなった場合、遺体を安置しなければなりません。病院で亡くなった場合は移動を頼める葬儀屋を紹介してもらえることがありますが、そこに全てを任せる必要はありません。その時が迫っていることが事前にわかれば、前もって準備をしておく事は消して不謹慎な事ではありません。
お通夜と告別式の日時を決め、喪主や受付のことも話し合わなければなりません。告別式が終われば、そのまま火葬場へ向かうのが一般的です。この後の初七日が初めての法要となりますが、同日で済ませるのが近年の慣習です。親族一同が再び集まる事は難しいので、皆で行える時にやっておいた方がよりたくさんの人で執り行えるのが理由です。
宗教や地域の慣習によって、微妙にお葬式の様式は異なるものです。親族の中で詳しい人や葬儀屋さんによく相談をして、しめやかに故人を送ってあげることが重要です。
PR | ブランドで選ぶミニ骨壺