お葬式の形態の多様化

伝統的なお葬式といえば、遺族が親族、故人の知人、友人、会社関係者を招いて行うしめやかなお別れの儀式ですが、近年ではその形態が多様化しています。高齢化に伴い、亡くなる年齢が高齢になったことで、故人の知り合いなどの把握がしきれないことや、参列者も高齢化になり来ていただくのは忍びないという理由から、家族葬を選択する方が多くなります。家族葬は家族、身近な親族、とても親しくしていた知人など少人数で行う小さなお葬式です。お葬式の準備などが無くてい良い面や、費用が抑えられる、故人との最後の時間をゆっくりと過ごすことが出来るなどのメリットが多く、現代風潮に合っているのです。その場にいる人たちが同じ気持ちで見送ることができ、思い出話などをしながら温かみのあるお葬式になります。故人の好きだった音楽を流すことや、故人との思い出の写真を見て感謝を感じる場となります。遺族としての心の整理もつきやすいという良さもあるのです。こういった、お葬式への考え方の移り変わりは、時代を表しているのです。
PR | 猫の骨壺をお探しの方