月次アーカイブ: 4月 2017

昔は葬儀を行うとき、正式礼装をすることが常識となっていましたが、時代が変わったことによりブラックフォーマルを着用することが一般的になりました。

男性の場合は黒いスーツを着用してネクタイは黒無地にすることが一般的です。
革靴はエナメルでないものやバングルなどがついていないものが好ましいとされています。
派手なアクセサリーや腕時計もつけないことが常識となっています。

女性の場合もブラックフォーマルを着用することが基本になっており、スカートやパンツルック、ワンピースなどのかたちがあります。
結婚指輪以外の派手なアクセサリーやマニキュアは控えるようにします。
化粧も派手なものにはせずに、髪の毛もすっきりとまとめるようにします。
ヘアアクセサリーは派手なものは控えるようにしますが、艶のない黒のリボンなどはつけてかまいません。
スカート丈は眺めにして、ヒールは3cmくらいの低めのものにします。
パンプスは光沢がなくバングルがついていないシンプルなものを選ぶようにします。